サーフィン 初心者 挫折

サーフィン初心者が挫折する3つ理由

私が感じるサーフィン初心者が挫折する3つの理由を紹介します。

 

1.ボードのサイズが合っていない(短すぎる)

 

2.場所が交通アクセスが悪かったり、遠すぎて通いずらい。

 

3.どの波が乗れる波か分からない。

 

それぞれについて、もう少し詳しく書いてみたいと思います。

 

1.ボードのサイズが合っていない(短すぎる)

 

Youtubeとか、テレビでみるサーフィンでは、大体短いので、何も知らないとショートボードを選んでしまうと思います。。(私も、そう思っていましたが・・・。)
ですが、殆んどの人は、始めからショートを選んでしまうと何もできずに終わると思います。
ちなみに、今まで、初心者でショートボードが乗れた人を見たことありません。
大体何もできずに、ぼーぜんとなっている人が多いですね。

 

どういうボードが合っているからは、その人の身長や体型で違ってくると思います。
あまり、無理せずロングボードとかファンボードの長めのボードから始めるのが良いと思います。
ロングボードとかファンボードで初めて、波にのる気持ち良さとかを感じることが大事だと思います。

 

2.場所が交通アクセスが悪かったり、遠すぎて通いずらい。

 

ジムとかでもそうですが、場所が交通アクセスが悪かったり、遠すぎて通いずらいと長く続けることは難しいです。
私も続けて思うのですが、上手くなるには回数を重ねることが大事です。
ですので、通えるところを選んだ方が良いと思います。

 

私が湘南を選んだのは、波質とかそういうことではなく、ただ通いやすかったからです。
私は車を持っていませんので、公共機関で行きやすいという条件がとても大事でした。
ですので、千葉の方が広い、波質が良い等、良い噂は聞いていましたが、如何せん公共機関のアクセスがとても悪いので選びませんでした。
ちなみに、車持ちの私の知り合いは、渋滞を避けるために、千葉ではなく茨城の方に行くと言っていました。

 

また、海水浴場は、夏の間は、日中帯がサーフィン禁止になるところが多いので、その辺も気を付けた方が良いと思います。
初心者は、まず、通いやすさで場所を選んだ方が良いと思います。

 

3.どの波が乗れる波か分からない。

 

これも意外とありがちだと思います。
テイクオフの仕方は、本屋・動画とかでもわかりますが、どの波にのるか?また、波にのるタイミングかは分かりません。
波が分からなければ乗ることは出来ません。
しかし、これは、何回も乗って経験を積んでいくうちに分かってくるものです。
最初のうちは、経験者やスクールに入って乗れる波を教えてもらうことが大事だと思います。
ある程度、長さのあるボードであれば、波は小さくても全然乗れますが、そういうことを知っていると知らないでは全然違うと思います。。