サーフィン 初心者 スクール

サーフィン初心者がスクールを利用した方が良い5つの理由

一人で入る場合はスクールに入ることが大事

 

誰かすでにサーフィン経験者が居て教えてくれるのであれば良いですが、
そうでないのであれば、スクールに入って学ぶことをお勧めします。

 

スクールに入った方が良い理由は、以下の通りです。

 

・乗り方を教えてくれる。

 当たり前のようですが、テイクオフは、ポイントをきちんと教えてもらえないと意外と分からないものです。
 さらに波に乗って立つタイミングがもっと難しいのですが、スクールでは教えてくれます。
 きちんとしたテイクオフの仕方と立つタイミングさえ分かれば初めてでも立つことは可能です。

 

・初心者でも乗れるボードを紹介してくれる。

 たまに初心者でいきなりショートボードを買う人いますが、そういう人は大体何もできずに挫折します。
 身長や体重やその場所の波の状態に合わせて、乗れるボードを紹介してもらいましょう。

 

・万一のトラブル時に助けてもらえる。

 海は非常に危ないところです。
 サーフィンをやる場所は大体海水浴場ではないのでライフセーバもいません。
 初心者だとインサイドでも波に正面から当たり吹っ飛ばされることもしょっちゅうです。
 スクールに入れば誰かが見てくれるので何か会ったときに助けてもらえます。
 私も、最初は波のあまりの強さに結構ヤラレマシタ。。。

 

・ローカルの人に怒られないで済む。

 サーフィンは、意外とローカルルールが厳しかったりします。
 特に初心者は、サーフィンのマナーも知らないのでローカルを怒らせがちです。
 スクールのインストラクターは大体ローカルの人と仲が良いので、何かあったときに間に入ってくれます。(これは結構大事なポイントです。)

 

・どれが乗れる波か教えてくれる。

 サーフィンで難しいのが「どの波が乗れるか?、乗れるポイントはどこか?」か分かるところです。
 これは経験を積まないとなかなか分からないのですが、スクールに入れば教えくれます。
 これは本当に難しいところです。

 

こんなスクールはやめよう

 

幾つかスクールを試してみましたが、こういうスクールはやめた方が良いなと思います。

 

・インストラクターがバイト

 よくショップ系のスクールに多いのですが、インストラクターがバイトのところがあります。
 これはやめた方が良いと思います。乗れる=教えれる訳ではありません。
 NSA公認指導者や、経験の多いプロサーファーが教えてくれるところを選びましょう。

 

・座学が長い

 やたら、サーフィンのマナーやボードの名称とかの座学が多く海での練習は少しだけというところもありますが、止めましょう。
 サーフィンは、海で練習してナンボです。